肌のキメが壊れるわけ

キメの細かさ、粗さは生まれつきのもので人によって違いがありますが、気温や湿度といった境遇による方法やUVなどによる心労、ストレスなどの心的な方法によっても変化します。

断然影響を受けやすいのが乾燥です。皮丘が水分をぐっすり用いると、膨らみもかわいらしくふっくらとした肌を保つことができますが、逆に皮丘時の水分が不足するとしぼみ、たるんでしまう。

心労によりキメが乱れた肌は、皮膚のザラ付きが引き立ちごつくごわついた肌さわりで毛穴も引き立ち、弾力・ツヤも失われます。乾燥による小ジワも増えてしまう。

一層、皮丘のがたいが不揃いな結果灯の反照が弱り、肌のコントラストがくすんで見える。メイクのノリも悪く、壊れやすさのわけにもなります。

肌のキメを立てる3つのポイント

最も大切なのは、保湿をすること

肌に水分がきちんと含まれると、皮丘はふわり盛り上がり、ズレ(皮ズレ)は小さく目立たなくなります。たっぷりの化粧水で保湿し、乳液やクリームで充分油分補給をして乾燥を防ぎましょう。

UVを防ぐ

UVはターンオーバー(肌の新陳代謝)を差し止める原因のひとつです。ターンオーバーのローテーションが壊れる結果、古くなった角質が肌に残ったり、逆にターンオーバーが異常に早まったりして、キメの乱雑の原因になります。

UVスキームを万全にすると同時に、古くなった角質を除くケア(ピーリング石鹸を使った洗浄など)を適度に取り入れてもいいでしょう。ただしやりすぎは禁物です。

生活文化を考える

栄養失調や運動不備、冷えなどにより血行が悪くなると、肌の威力アウトラインが鈍り、ターンオーバーを遅らせてしまう。栄養バランスのとれた食生活を頑張り、十分な睡眠を取るなどしてキメの乱雑の心的種を切り落としましょう。健康的な生活が肌を健やかに持ち、キメを整える手助けをしてくれます。

保湿により肌を規則正しい状態に保つ結果、肌のキメも整って出向くのです。公式ホームページはここ