潤った素肌を目指しましょう

肌の潤いは、角質部類(隅部類)で守られていらっしゃる

角質部類は僅か約 0.02 ㎜(食べ物包装用透明ラップと同そば)の厚さのなかで、角質細胞が阻止のみたい. に 10 ~20 部類積み重なり、外部からの水分の潜入を防ぎ、一気に内部の水分の蒸発を防ぐという用途を担っています。手のひらや歩きの後ろなどでは隅部類が誠に太く物理的な刺激に強くなっています。

例えば、お風呂に入った場合水が肌の中に入っていかないのは何ででしょう。肌には外部からの異物の潜入をはばむ邪魔起動が備わってあり、細胞同士を粘着させるため、水や異物が肌の中に割り込むのを防いでいます。ですから、肌の外側から化粧水などで水分のみを填補しても、角質部類深部に潜り込むことはなくそのままにしておくと蒸発してしまう。この時、角質部類にある水分を奪っていくので過乾燥となることもあります。

お肌は邪魔起動で水や異物をはじいています

お肌の水分を保持するプロセスとは?

手強いケラチンタンパク質で出来ている角質細胞ですが、人の肌を触ると柔らかく思えるのは、角質部類に約30%の水分が含まれているからです。このように十分な水分を含んでこそ、肌の弾力、良好さ、柔らかさを維持することができます。
ヴィタクトの効果を最大限に活用する方法